Viacom、著作権侵害でYouTubeとGoogleに10億ドルの損害賠償請求訴訟・最新のインターネットニュースや、Javaのサンプル集などを紹介していきます。みんなで参考にしてください。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Viacom、著作権侵害でYouTubeとGoogleに10億ドルの損害賠償請求訴訟


Viacomがついに動いた。YouTubeのビジネスモデルに対して厳しい批判の眼を持つ、この巨大メディアグループが起こした訴訟に注目が集まっている。

現地時間の3月13日、MTVやパラマウント・ピクチャーズを傘下に持つ巨大メディアグループのViacomが、YouTubeとGoogleを相手取り、ニューヨーク南部連邦地方裁判所に提訴した。損害賠償請求額は10億ドル。同時に、これ以上の著作権侵害を同社が行わないよう禁止命令を求めている。

結局楽して人を集めようとすると、こうなっちゃうんでしょうか?
アメリカの去年の「今年の人」は「YOU」ってYouTubeも入っている感じでしたが。。
Viacomは、YouTubeに許可なくアップされているコンテンツについて、対応策を協議していたが決裂。2月に同グループのコンテンツ10万件を削除するよう、YouTubeに申し入れていた。今回の提訴についてViacomは、同グループの著作物が16万件近くも許可なくYouTubeで閲覧可能となっており、それらはあわせて15億回も閲覧されたと主張。YouTubeは、自社と親会社であるGoogleの利益のために、他者の作品を利用している。そのビジネスモデルは、違法なコンテンツによってトラフィックを構築し、広告収入を得るというもので、明らかに違法だとしている。

10億ドルは流石アメリカですね。規模が違います。

引用:ライブドアニュース
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。