auからも「AQUOSケータイ」が発売・最新のインターネットニュースや、Javaのサンプル集などを紹介していきます。みんなで参考にしてください。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

auからも「AQUOSケータイ」が発売


とうとうauからも「AQUOSケータイ」が発売になった。各キャリアで同じ(似たような)デザインで同じコンセプトの端末がそろい踏み…というのはたぶん初めてのこと。すべてのキャリアに端末を提供しているというメーカーが少ないから…というのもあるのだろうが。とにかく3.0インチの液晶画面でワンセグ、サイクロイドスタイルのAQUOSケータイを入手したのである。

デザイン変えることはないですよね。
無駄ですから。


■W51SH 本体紹介
まずはカンタンにスペックを紹介しよう。数値につく“約”は省略させていただいた。サイズは高109mm×幅50mm×厚24mm。重さは136g。連続待ち受け時間が300時間、連続通話時間が音声通話時が290分である。
ワンセグ視聴時間は280分だ。メインディスプレイはモバイルASV液晶で、3インチのワイドQVGA表示(横240ドット×縦400ドット)、最大26万2,144色表示が可能。サブディスプレイは、モノクロ表示で、サイズは0.7インチ(72×26ドット)である。
メインカメラは、有効画素数203万画素のCMOSカメラで、最大記録サイズが1,600×1,200ピクセル、サブカメラは用意されていない。データフォルダ容量は128Mバイト。ここに撮影した画像や映像、Eメールの添付データ、EZwebからダウンロードしたデータなどが保存される。また、外部メモリ用のスロットが準備されていて、2GバイトのmicroSDタイプの外部メモリに対応している。ちなみに外部メモリーは別売だ。本体カラーはオーシャンブルー、スターリーシルバー、オーロラピンクの3色が準備されている。

サブディスプレイがauだけ有機ELではないので、バックライトが消えても見ることができるのだ。ケータイで時間を確認しているっていうユーザーはこの辺もチェックするべきところであろう。

ちょっとだけAUの利点がありますね。流石に画質はきれいですが、それは各社同じ。携帯で時間を確認するというような細かいところに目が行ったauは流石ですね。後発の利点かもしれませんけど。

引用:ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/3083490/

スポンサーサイト
Copyright © 最新インターネット技術情報 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。