ドコモ 肉声 みたいな新技術・最新のインターネットニュースや、Javaのサンプル集などを紹介していきます。みんなで参考にしてください。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドコモ 肉声 みたいな新技術


従来の携帯電話よりも圧倒的に高音質な通話が可能になるシステムだそうです。これにより肉声に近い、臨場感あふれる会話が可能になるとのこと。
今の通話音質では確かに聞き間違いや、相手の声が普段と異なって聞こえることも多いことから、実用化されると携帯電話で通話することが多い人にはメリットがあるかもしれません。

PHS並みってこと?
報道発表資料 : 高音質音声符号化技術を開発 | お知らせ | NTTドコモ
このリリースによると、携帯電話で通話する際、声はデジタル形式に変換(符号化)されるのですが、従来は300Hzから3.4kHzまでの周波数の音声をデジタル形式に変換していたのに対し、新しく開発された技術は、50Hzから16kHzまでの周波数の音声を変換できるようになるとのこと。これにより人間の音声に含まれる周波数は、ほぼ完全にカバーされるそうです。

なるほど。今までは除かれていた周波数があったんですね。理想と現実の間で、今までは機能的に捨てるしか実現できなかったんでしょうね。

新しい技術を使うとこんな感じに。従来よりもかなり幅広い周波数をカバーしています。
人間の聴覚の特性に基いて、小さい音ほど、よりきめ細かく符号化するそうです。
これにより携帯電話で臨場感あふれる、肉声に近い会話が実現可能となり、家族や友だちとの会話が、携帯電話で通話していることをほとんど意識させないリアルなものになるとのこと。ちなみに新しい技術でのデジタル変換は、従来の技術と同程度の情報処理量で済むそうです。

知り合いでぼそぼそしゃべるやつがいますけど、そいつの声もはっきり聞こえるようになるんでしょうかね。

ちなみに以下のリンクによると、人間の聴覚は個人差があるものの、20Hzから15000Hz~20000Hz程度の周波数の音を聞くことができるそうなので、この技術はかなり肉声に近い音を再現できる模様。実用化はいつなのでしょうか。

引用:ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/3106017/
スポンサーサイト
Copyright © 最新インターネット技術情報 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。