ドコモ L704i 世界で勝った携帯会社の秘密・最新のインターネットニュースや、Javaのサンプル集などを紹介していきます。みんなで参考にしてください。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドコモ L704i 世界で勝った携帯会社の秘密


フランス人デザイナーの手による「SIMPURE L2」の発売に引き続き、NTTドコモの704シリーズには世界的なヒットとなった"チョコレートフォン"デザインのL704iが投入されるなど、ここにきて"LG電子"の日本市場へのプレゼンスが高まりつつある。日本ではまだマイナーな存在ではあるが、海外ではブランド戦略の成功により同社の評価は販売台数以上に高い。ここ数年で世界シェア5位まで上りつめた同社の秘密はどこにあるのだろうか。

使い勝手は分かりませんが、シンプルでおしゃれですよね。

■製品開発の中心は「デザイン」

"LG電子といえばデザイン"。いまや海外での同社のブランドイメージは非常に高い。それを牽引しているのが"チョコレートフォン"シリーズだ。2005年冬に韓国市場に登場した後、対応周波数や機能を変えた端末が全世界に向けて発売されている。今年4月にはシリーズの累計販売台数は1,000万の大台に達している。

チョコレートフォンはツヤのある黒一色のボディーにタッチセンサーキーを搭載。数字キーの配色を濃淡2色にするなど、名前の通りにチョコレートを連想させるデザイン。チョコレートという「かわいらしく、わかりやすい」ネーミングもヒットの要因の一つだろう。ミッドレンジクラスの機能を搭載しているが、商品の特徴はそのデザインそのものであり、広告などでもスペックではなくイメージそのものを前面に押し出している。チョコレートフォンを持つことは"おしゃれ"であり"カッコイイ"、そう思わせる戦略もみごとに成功したわけだ。

現在はオリジナルの黒に加えて白、ピンク、ワインレッドも加わり、それぞれ「ホワイトチョコレート」「ストロベリーチョコレート」のようなニックネームで呼ばれている。また同社のローエンド機種やスマートフォンにもチョコレートデザインが採用されるなど、製品ラインナップの多くがチョコレート化されているほどだ。

同社は、その一方で2006年冬に金属素材を採用した薄型端末「Shine」シリーズを発表。チョコレートフォンとは対極にある高級感ある質感やデザイン、そして金属という本物の素材を採用したことでこれも瞬く間に話題の製品となっている。高価格ながらも発売から半年で販売累計台数は100万台に達し、チョコレートフォンに続く同社のデザイン携帯のもう1つの柱に育っている。同社は端末の開発を"デザイン中心"へと完全にシフトしており、端末のデザインに合わせて機能を搭載し、またデザインを生かすマーケティングやブランド戦略を行っている。このShineやチョコレートフォンなど、同社のデザイン・プレミアム端末は「Black Label」というメインブランドを利用している。

また同社のデザイン携帯で忘れてはならないのがPRADAとコラボレーションした「PRADA携帯」だ。外観やUIのデザインはPRADAの製品となるべく仕上げられているが、黒一色のシンプルなスタイルは偶然の一致かチョコレートフォンに通じるデザインを持っている。

プラダ携帯 は日本未発売というか、未対応でしょうけど、とりあえず欲しい人、いるでしょうね。
確か、10万円ほどすると思いましたけど。

引用:ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/3236957/
引用:ニュース イザ
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/67614
引用:ニュース イザ
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/67592
スポンサーサイト
Copyright © 最新インターネット技術情報 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。